星を抱いて月と泳ぐ

code × ordinary days × me
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    0
      慈しむべき xxx
      評価:
      小川 洋子
      文藝春秋
      ¥ 1,780
      (2009-01-09)




      今日は趣味の読書の話でもしたいと思います*

      本年度は非常にというか狂ったように(笑)

      本を読んだんですけれども・・・

      その中でも"これは!"

      と思った作品がいくつかありました*

      今日はその1つの


      この作品、小川洋子さん著の

      " 猫を抱いて象と泳ぐ "

      について語りたいと思います。

      XXX

      ほかの方のレビュ−なんかも結構読んだんですけど、

      私もよくチェスのル−ルは分かりません。

      でも分からないから楽しめない、

      この作品はそういう類のものではなかったですね。

      まず読んでいって抱いた感想は

      " これ、博士の愛した数式に似てる "

      でした。

      博士の愛した数式も同様に小川洋子さんの作品で、

      ある家政婦さんが出会った数学の天才博士と

      その家政婦さんの息子(√くん)のお話です。

      この博士というのは、記憶が80分しかもたない、

      つまり80分のテ−プがあるとして、

      どんどん上書きされていくようなものを持っているんです。

      彼の記憶は何年からか(忘れましたが・・・)

      まったく先へ進めません。

      昔に覚えた数学の定理は忘れなくても、

      81分前に出会った家政婦さんのことは覚えておけないのです。

      ・・・と本題からずれましたが、

      なぜこの作品と似ていると思ったか、

      それは彼女の紡ぎだす言葉の美しさにあると思ったんです。

      彼女の言葉は本当に美しいです。

      彼女はレ−スをゆっくり編み上げていくように

      そんな風にチェスの美しさを述べています。

      この作品を批評した作家さんが言ったようですが、

      彼女は石を積み上げていくように書いていく、と。

      まさにそのとおりだなあと思いました。

      小さな小石を崩れないように崩れないように

      息を潜めて積んでいくんです。

      私がこの作品と比較するときに(失礼ですね)

      引き合いに出してしまうのが、

      有川浩さんの作品です。

      彼女の作品が美しくない、というわけではもちろんないんです。

      しかし彼女の作品は次々とペ−ジを読みたくなる、

      先が気になってしょうがない、

      そんな作品なんです。

      まさに マシンガン・リ−ディング とでも

      いうんでしょうかね*

      それに対してこの作品は

      できるだけゆっくり、ゆっくりペ−ジをめくりたくなるんです。

      彼女が作品を書いた月日に思いを馳せて、

      息を潜め、息を殺し、ゆっくりゆっくりペ−ジをめくる・・・

      そんな読み方をしました。

      ドキドキするとか、先が気になってしょうがない、とか

      そういう感情が湧いてきたのではなく、

      主人公、リトル・アリョ−ヒンのあまりに短い、

      しかし幸せな人生を見守り、一緒に歩んでいきたい

      そんな思いが湧きました。

      主人公、リトル・アリョ−ヒンはあまりに小さい人でした。

      彼は大人になること、つまり大きくなることを拒みました。

      そしてその小さな体で人形を操り、

      多くの人とチェスをし、

      心を通わせました。

      彼の目にはどんな世界が映っていたのでしょうか

      その純粋な目で何を見ていたのでしょうか

      本を閉じ、彼と別れた私は

      それを知ることはできませんが、

      またいつか彼と会うことができる気がします





      | b o o k xxx | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
      0
        植物図鑑




         


        植物図鑑*

        上にも乗せましたが〜

        わが尊敬する 有川 浩 さんの作品です:)

        図書館(学校のですよ〜)でず〜っと待ってようやく先日借りました*

        流石、です^^

        有川さんらしい味が出てます。

        あ、ちなみに有川さんは自分の中で

        今一番旬な感じです←

        よかったら読んでみてください〜

        話題がそれました。

        そうそう、それでもうほんっっっっと

        登場人物が可愛くて!

        愛せる人々なんです〜

        元ラノベ出身と自称する有川さんなんですけど・・・・

        ラノベ出身って??????

        って感じになりました。

        でもそれもどうでもいいような・・・・←

        とにかくとにかく。

        すきです* 笑


        want to read!






        | b o o k xxx | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |

        1/1pages


        CALENDAR
        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        SELECTED ENTRIES
        ARCHIVES
        CATEGORIES
        RECENT COMMENTS
        PROFILE
        logpi!
        B O O K x l o v e
        OTHERS
        SPONSORED LINKS